The Fool On The Hillside

子は巣立ち、仕事も減り、始めた趣味の水彩画。記録しておこう!と始めたブログです。

藤井聡太四段の近況デス

水彩画以外の雑談が多くなっている今日この頃。また藤井聡太四段の話を少しばかり書きます(^^♪

 

 

f:id:palemint:20171001120423j:plain

 

ついに買ってしまったこの2冊。永久歯が生えそろう前の藤井四段、無垢の笑顔がなんとも可愛いです。

まだ読んでいる途中ですが、この本で有難いのは丁寧な注釈がページ下についていること。素人にとって『棒銀』とか『ゴキゲン中飛車』とか『相腰掛け銀』とかって???いちいち調べなくて済むので助かります。

 

  

f:id:palemint:20171001120933j:plain

 (9歳時の藤井四段)

 

 

ところで先月『探検バクモン』でも東京将棋会館へ潜入ルポがありました。将棋への関心と人気はますます高まっている様子が分かりました。そんな自分も one of themの超『にわかファン』な訳ですが。

 

f:id:palemint:20171008131445j:plain

 

 

f:id:palemint:20171008131542j:plain

 

 

将棋会館は畏れ多くて、一階のホールやショップしか入れなかったのですが、番組で2階以上の様子をリポートしてくれてとても楽しかったです。

 

 

f:id:palemint:20171008131617j:plain

 

 

f:id:palemint:20171008131641j:plain

  

プロ棋士の方々ってそれぞれに皆とても個性的ですねぇ。ひふみんは別格扱いとして^^、それぞれに品格があって、佇まいが美しくて、澄み切った水の中にのみ住んでいる別世界の生き物、なんていうとちょっと例えが変だけど、なんだかとっても純粋な美を感じてしまいます。感想戦など、その将棋の美しさの最たる部分に思えます。

身体ごとぶつかり合うフットボールなどスポーツ観戦も好きだけど、盤上の頭脳戦も途轍もなく激しい!です。将棋ってこんなに熱く激しい戦いだったのか~と知ることになりました。

 

 

===================================== 

 

 

NHK将棋トーナメントを見始めてから、少しづつ棋士の方々の名前と顔を知るようになってきた、ほんの駆け出しファンの私ですが、藤井聡太四段の9月を追いかけておきました。

 

こちらのサイトで確認させていただきました。9月は4勝2敗、今季は現在42勝6敗。

 

 

 

 

f:id:palemint:20171001121258j:plain

(森内九段戦) 

 

 

 

9月の対局で、最初から最後まで見ていたのは森内九段戦のみ。佐藤慎一五段戦は終了前一時間程をライブ観戦しました。最終盤の攻防がすごく美しかったです。13時間位の長丁場で、将棋も体力いるんだなあと認識を新たにした次第で。

 

 

 

 

f:id:palemint:20171001121732j:plain

 

 

 

 

 

はてなブログは共有マークが出て来ないので、埋め込みコード貼って森内九段戦を保存しておきます。

 

 

 

森内九段との対局

ライブ・ノーカット版

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/FOg9v4JrnqY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 

 

 

 

f:id:palemint:20171001121455j:plain

 

 

 

 

 

森内九段との対局後NHKニュースで進路などを語っていました。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/VZ9KweHpChM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 

====================================

 

 

 

ついでに少し前の朝日新聞インタヴューも保存しておきます。

足の速さや普段の生活での将棋研究などを問われて語っています。

中学生らしい素顔が見えました。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/WTMUiKnyDkA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 

 

===================================

 

また Abema TVのインタヴュー(September 16, 2017)では、自身のピークは18歳から25歳あたり、と語っていました。

以下インタヴュー記事より:

 

 

藤井四段 プロ棋士である以上は、タイトルというものを目指すべきなので、そこを目指していけるように、まずはもっと実力をつけて、しっかり結果を残せるようにしていきたいと思います。

 

 藤井四段 自分の中では、ピークになるのは18歳から25歳あたりではないのかなと思っているので、それまでにしっかり強くなりたいと思います。10年後、どこまでいっているかは、すべて僕の努力次第だと思うし、まだまだ強くなる余地がたくさんあると思うので、頑張っていきたいです。

 

=====================================

 

 

 

f:id:palemint:20171001121634j:plain

(9月27日、竹内雄悟四段と対局)

 

 最後投了場面は、素人にはよく分からなかったです。モヤモヤっと終わってしまい。

解説を聞かないと難しい。

竹内四段は動画サイトで藤井四段を語っているのを見たことがあります。穏やかな笑顔で『藤井君のファンになりそうだ』などと語っていて、寛容そうな面白そうな棋士さんでした。

 

 

f:id:palemint:20171001121659j:plain

 

 

 

=====================================

 

JCOM TVで将棋解説者を初めて務めるらしい。

どんな解説になるのでしょうか^^。

 

藤井四段がJ:COMTVで将棋を初解説!銀河戦や竜王戦も見逃せない。10月は将棋強化月間 | ガジェット通信 GetNews

 

f:id:palemint:20171001121902j:plain

 

 

10月の対局予定は上にも貼ったこちらのサイトでチェック。

これからも、ますます楽しみです。